企業サイトへ

Philosophy
私たちの想い

採用メッセージ

大麦で世の中を変え
世界の人々を幸せにするために
挑戦していく企業でありたい
代表取締役社長浅沼 誠司

大麦は、本来、お菓子作りには向かない素材です。大麦ダクワーズも納得いく商品になるまで約10年かかりました。あきらめずに挑戦を続けたのは、地元の大麦を使ったお菓子を作りたい、子供のころから見てきた大麦畑の美しい風景を未来へ残したいという強い想いがあったからです。

調べてみると大麦は、極めて優れた栄養バランスを持つことが分かりました。特に水溶性食物繊維「大麦βーグルカン」は、健康素材として世界中に注目されています。作物としても強く、厳しい気候条件下でも育つため、世界の幅広い地域で栽培が可能です。実を取ったあとの茎や皮はグリーンエネルギーの原料になります。健康価値・社会価値・環境価値が高い素材なのです。

おおむぎ工房の夢。それは大麦で世の中を変え、世界の人々を幸せにすることです。夢に向かって求めるのは、社会貢献への強い意志を持ち、「大麦は地球を救う」という理念に共感する人材です。大麦の可能性を広げ、理念の実現を目指して一緒に挑戦していきましょう。

大麦への想い

地元産大麦を使ったお菓子で
健康価値を発信

栃木県は日本有数の大麦生産地です。元来醸造用に用い、ビール麦とも呼ばれる大麦は食品加工されてきませんでしたが、当社は豊富な食物繊維を含む大麦の健康価値に着目。従来の常識を超える挑戦によって、ダクワーズをはじめとする美味しいお菓子を開発・生産し、全国へ発信しています。

事業を通して、
豊かな地域づくりを支えます

地域に育まれた企業として、より豊かな地域づくりを支えたいと考えています。大麦栽培による耕作放棄地の再生、地元の生産者と顧客がふれあう「麦秋ウォーキング」の開催、大麦による食育と環境保全を物語にした絵本の学校配布など、地域に貢献するさまざまな活動に取り組んでいます。

大麦を中心とした
持続可能な社会モデルの実現へ

大麦は、環境価値や社会価値においても優れた作物。大麦の栽培を通して、発展途上国の食糧危機と社会不安の解決、エネルギー危機の解決、地球温暖化の解決、先進国の食糧自給率低下と医療費増大の解決が可能になります。事業で目指すのは、大麦を中心とした持続可能な社会の実現です。

会社情報

社名 株式会社大麦工房ロア
創立 1986年6月
資本金 9,800万円
代表取締役 浅沼 誠司
事業内容
  • ・大麦菓子の製造・販売
  • ・健康食品・フリーズドライ製品の開発・製造
所在地 〒326-0005 栃木県足利市大月町3-1
事業所
【本社】
  • 栃木県足利市大月町3-1MAP
【直営店】
  • ・朝倉総本店/栃木県足利市朝倉町3-34MAP
  • ・工場直売店/栃木県足利市大月町3-1MAP
【流通センター】
  • 栃木県足利市多田木町148-3MAP

沿革

1984年 当社の前身である(株)エイ・エム・シー・ロアがオープン
1994年 現代表、浅沼が早稲田大学卒業後、北海道の六花亭製菓にて修行
1995年 現代表、浅沼が(株)エイ・エム・シー・ロア入社
1997年 大麦ダクワーズ開発
1997年 大麦サブレ・ラスク・チョコレート他大麦菓子多数開発
2001年 大麦げんき他健康食品開発
2004年 大麦食品の通信販売を行うため、(株)大麦工房創業 代表取締役に就任
第24回全国菓子大博覧会技術優秀賞受賞
栃木県フロンティア企業に選ばれる。
2006年 農林水産省優良ふるさと食品コンクール会受賞受賞
第28回食品産業センター局長賞受賞
2008年 第13回総務省後援ちいき経済賞受賞
第25回全国菓子大博覧会名誉総裁賞受賞
農商工連携88選に選ばれる。
NHK「小さな旅」にて、当社の取り組みが放映される。
佐野市に大麦ダクワーズ専用の工場を建築
2009年 (株)エイ・エム・シー・ロアと(株)大麦工房を合併し、(株)大麦工房ロア設立 代表取締役に就任
絵本「大麦は地球を救う」を出版 足利市内の小中学校へ寄贈
食品開発の研究を目的に、(株)浅沼食品科学研究所を設立
2010年 大麦ダクワーズがモンドセレクション金賞受賞
東京商工会議所主催「勇気ある経営大賞」特別賞受賞
4400坪の敷地を持つ新本社工場完成
2011年 本社敷地内に工場直売店をオープン
2012年 「栃木の大麦食品を広める会」を設立。
2013年 とちぎ産業活力大賞 最優秀賞を受賞
経済産業省よりおもてなし経営企業選に選ばれる。
2014年 食品業界で最も栄誉ある、第19回安藤百福賞 発明発見奨励賞を受賞
1時間10,000個製造の大麦ダクワーズライン完成
2015年 足利市大月町に新本社ビル完成
足利市多田木町に6,000坪の流通センター完成
2016年 第37回 食品産業優良企業 農林水産大臣賞 受賞
2017年 大麦ダグワーズ 大型ライン2号機(1時間10,000個の生産能力)完成
流通センター 増床
2018年 経済産業大臣より地域未来牽引企業に選定される。